「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 ホームページ「月夜野百景」https://www.tsukiyono100.com 連携ブログ

カテゴリ:月夜のまちライブラリー > 月のものがたり

冬になると空気が冴えわたるので、中秋の名月の季節に劣らずこの時期は月がとてもきれいに見えます。そんなときの話かどうかわかりませんが、旧新治村(みなかみ町)には、あんまり月がきれいなので、大根と人参がもっと近くで月がみたいと、月を見に山にのぼる話が伝えられ ...

月夜野という土地の地名由来は、むかし源順(みなもとのしたごう)がこの地を訪れた時に、三峯山からのぼる月をみて「おお、よき月よのう」といって歌を詠んだことによるという「伝説」が定着しています。また「上毛かるた」でも知られる義民、茂左衛門 も、いくつかの古文 ...

1989年に制定された「清酒の製法品質表示基準」では、造り方によって次の9種類に分類されています。このうち、「一般酒(または普通酒)」以外の8種類を、まとめて「特定名称酒」と呼んでいます。・精米歩合70%以上:一般酒(または普通酒)・精米歩合70%以下、醸造アルコ ...

 地元では、月夜野の地名由来として、源順が東国巡業のおりにこの地をたずね、三峯山からのぼる月をみて、おお良き月よのう、とつぶやいて歌を詠んだことによるとの伝説が伝えられています。 しかし、源順がこの地を訪れた記録があるわけではありません。なぜこのような伝説 ...

お月さんというのは、一人で見ているのはちょっと寂しい。かといってあまり大勢でも、なかなか気持ちを共有しにくいものです。月をテーマにした企画を提案する身でありながら、このあたりはちょっとやっかいなところです。そんな矛盾を名胡桃城址でのお月見企画では、少しで ...

もしかしたら、春霞というと現代の人はスギ花粉の景色のことと思っているかもしれません。確かに大地の温度が上がることに起因する諸々の現象なのですが、古来、スギ花粉やPM2.5など話題になるずっと前から春霞や朧月は味わい深い日本の春景色を代表するものでした。そんな春 ...

月夜のこころのイメージを表現した歌や俳句を選んだ「月夜のこころ百景」第一回の選考リーフレットは、選ばれた100選をA3裏表一枚に収めることで精一杯で、見やすさに欠けたものでした。この度、一部改訂した2018年版でシンプルなデザインにしたことで幾分かは見やすくなった ...

平安のむかし、かぐや姫は地球から遠い月へ帰っていってしまいました。あれから長い年月が過ぎゆき、かぐや姫も地球の人ではないとはいえ、もうかなりお年は召されていることと思います。かつては美貌を誇ったかぐや姫もさすがに近頃はちょっと太り気味のご様子。雅びで美し ...

1、阪倉篤義校訂『竹取物語』岩波文庫   月詠庵2、角川書店編 ビギナーズクラシックス 日本の古典『竹取物語』角川ソフィア文庫 月詠庵3、川端康成 『現代語訳 竹取物語』 新潮文庫  月詠庵4、川端康成【現代語訳】・ドナルド・キーン【英訳】・宮田雅之【切り絵 ...

   月の砧   小唄【本調子】その他松に住む、月と相手に打つ砧、我が家一つの秋にやと、思へばいとゞ淋しさに、木の間隠れに啼く虫の、ほんに心も遣る瀬なや。 ...

↑このページのトップヘ