「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。わたしたちは、「月(ツキ)」と「運」だけで勝負できるまち月夜野から、たくさんの物語の生まれるこの地の風土を発見し、また育てていくことを目指しています。 (「みなかみ〈月〉の会」と「月夜のタヌキ会議」による共同ブログです)

カテゴリ:月夜のライブラリー > 月の知識


IMG_6674


平安のむかし、かぐや姫は地球から遠い月へ帰っていってしまいました。


あれから長い年月が過ぎゆき、かぐや姫も地球の人ではないとはいえ、
もうかなりお年は召されていることと思います。


IMG_6486


かつては美貌を誇ったかぐや姫もさすがに近頃はちょっと太り気味のご様子。

雅びで美しい衣の下は、弛みだした二の腕が気になり、

三段腹も隠しきれなくなりはじめました。

弓張月ともいわれたお尻の張りも、いまや下弦の月。


科学技術が進歩した現代では、
いつ地球人にその姿を見られてしまうかわからないので、
がぐや姫もダイエットの努力を怠ることはできません。


IMG_6681
 
ところが、無理なダイエットはご禁物。

必ず、リバウンドが起こります。


IMG_6683
 

数年に一度起こる月食。

いったい誰が月を食べるのかと思ったら、

このかぐや姫が食べているのだということがわかりました。



IMG_6699
 

過度なダイエットの日々に耐えかねたかぐや姫は、地球年で数年に一度、

断食、絶食の日々に耐えきれなくなってしまい、

自らが住んでいる月に、とうとうかぶりついてしまうのです。


IMG_6702
 

あっ、
 

IMG_6711
 

あっ、あっ、
 

IMG_6724
 


いくらなんでも、これは食べ過ぎ。


 さすがのかぐや姫も思わず血を吐いてしまいました。



IMG_6745
 


27459512_1409500059161742_2954155798796247812_n




あまりの苦しさにかぐや姫は耐えかねて、

一度食べた月を吐き戻し

もとの姿に戻していったのでした。




IMG_6674


めでたし、めでたし。




 
#‎スーパーブルーブラッドムーン‬
 


正月から2018年最大の満月!

だそうですが、新年早々、今年最大の満月

残念ながら、群馬県北部の空は雲に覆われています。

午後6時半頃、三峰山の上に姿は現しましたが、こんな感じです。

IMG_6595



IMG_6599


それでも昨日は太田市まで足を伸ばした帰りに、伊勢崎、前橋を通過するあたりで見事な月を見ることができました。

どこかで車を止めて撮影しようと思いましたが、渋川に来て止めた頃には、もう北部の雲にかかってしまいました。

とりあえず、信号停車時に車内からスマホで急いで撮った写真がかろうじてあります。

IMG_5082


以前、ブログに月夜野から見る月が、なぜ大きく見えるのかということ「月夜野で見る月は、なぜ大きい」を書いたことがありますが、その時の記事のベースは、月が大きく見えることの多くは目の錯覚である旨で書きました。でもこのスーパームーンに限っては、実際に月と地球の距離が短くなっている時のことなので、まぎれもなく大きな月が見える現象です。
その辺の錯覚の場合と実測値の問題も、いつかこのブログにまとめなければなりません。




そんなわけで、今日はちょっと不完全燃焼でしたが、わが家には、年末に田村貞重さんにいただいた最高の玉子を入れた月見そばがあります。

IMG_5085

味では、決してスーパームーンに負けてません。



余談ですが、世間では玉子抜きのそばのことを(「た」ぬきそば)と言いますが、月夜野では玉子の入った月見そばのことを「月夜のたぬきそば」というのだと聞き、実際にそうしたそばが売られていることもどこかに書いた気がしますが、いま検索してみても見つかりませんでした。 

またの宿題ということにさせていただきます。 

名胡桃城址・お月見報告 A3 - ポスター用


おかげさまで、本日をもって名胡桃城址でのお月見期間が終了いたしました。

残念ながら昨日、今日と雲がかかり、

お月さまはほとんど見ることができませんでした。

こんな日に暗闇の名胡桃城址へ来てくれる人などいないものと思い、

明日の片付け作業の準備でもしていようかと思っていたのですが、

なんと今日も何組かの方が来てくださいました。

雲の切れ間のなく、ほぼ見れないことが確実だったので、

わざわざ来てくださった方には本当に申し訳ないと思いましたが、

こんな日にこそ、「無月」のことをお話ししようと思いました。


昔から人々は月が見れないこのような日であっても

それを「無月」として人々はいろいろと楽しんでいます。



この「無月」には、3つの意味の使われ方があります。


その第一は、文字どおり月がないことで、新月などの日に

天文的に月が見えないときのことです。


第二は、実際には月があっても、雲がかかったり

雨の日であったり月を地上で見ることができない日のことです。


IMG_4227

そして第三の「無月」は、天文学上、月が出ているかどうかではなく、

それを見る私たちの側が、

月を見ようとしなかったり、出ていてもそれが目に入らなかったり、

こちらの身体的制約があって見えなかったりする場合の「無月」です。



今日、沼田から来られたご夫婦は、とても熱心に月への興味を持たれていたので、

ようやくこの話題をお話しすることができました。



月は、日々、満ちたり欠けたり

雲に隠れたり現れたり、常に姿を変えますが、

月そのものの実体は、いつでもまん丸であることに変わりはありません。

それが三日月に見えたり、半月や満月に見えたりするのは、

こちらの側の太陽との位置関係、立ち位置によって変わることで、

月そのものの実体は、いついかなる時でも「まん丸」です。



得てして、月が欠けたり見えなかったりする事が

相手の変化として見えるものですが、

相手に文句を言う前に、自分の側の立ち位置がそう見せているのであり、

自ら立ち位置を変えれば、月(相手)の姿は、

いつでもまん丸である事に気付けるのです。

たとえ相手が厚い雲に覆われていても、

月そのものの実体は、今も満月です。



そんなお話しを熱心なご夫婦とじっくり色々お話しする事が出来て、

まさにこの企画を通じて実現したかったものが、

理想の形で実ったような気もします。


その時々で一見、姿、かたちが変わって見える相手であっても、

こちら側の立ち位置や時こそが常に特殊な条件下にあることに気づけば、

相手の側は常にまん丸であること

これからも忘れずにいたいものです。



今回の企画は、とても大勢のボランティア参加の皆さんと

関係機関の協力、資材の提供を得て実現することができただけでなく、

伝えたいメッセージを届けるには、このようなスタイルでこそ、

確実に伝えられるのだと確信することができました。 


やっぱり、この町は

ツキと運だけで十分勝負していける。感謝。 


IMG_4531
 
昨日は雪が降ったこともあり、空気が澄み切ってとても綺麗な空でした。

今日は上弦の月。

半月であるにもかかわらず、煌煌と月明かりが雪面を照らしています。



上弦の月、下弦の月の見分け方


「上弦の月と下弦の月の見分け方」
http://park.geocities.jp/akanesumire0705/hangetsu.htm

など様々な方法が説明されていますが、私は
以下の方法を使っています。



36

右手を空にかざして少し包むように丸めた形が上弦、
左手をかざして少し丸めた形が下弦
と判断してます。
この方がずっとわかりやすくて実用的な方法だと思います。



 

昨夜から、日本各地でものすごい強風が吹き荒れています。

風だけは、まるで台風がやってきたかのようです。
おそらくリンゴ農家も大慌てなのではないかと思います。


でも、もしも月がなかったなら・・・・

とてもこんなことでは済まないと思います。


月のような大きな衛星がある惑星は、地球以外には滅多にありません。
少なくとも、太陽系にある惑星の大半は、直径は数キロ程度の小さな衛星が周囲をまわっているものがほとんどです。
したがって、惑星が衛星の引力の影響を受けることなど、ほとんどないのが普通です。

すると当然、自転の速度が早くなり、もしもガスや大気がある惑星であれば、
土星や木星のように、ほぼ一直線の横縞が走った姿になるのが普通の惑星の姿です。

23
 



39
 

つまり、木星や土星のようなきれいな横縞になるということは、
その惑星の地上は、ものすごいガスなどの気体が一方向で暴風となって吹き荒れているということです。

地球のような、のどかな雲のマダラ模様など、普通の惑星ではありえないのです。

もちろん、地球でも台風等の渦ができた時は大変な暴風が吹き荒れますが、
通常の惑星の場合は、常に東西の自転軸横方向に暴風が吹き続けているのが普通なわけです。

青く美しい地球が生物にとって住みやすいのは、何も空気があるだけではなく、
自転速度が適度にのろいこともとても大きな要因になっているわけです。


00
 

これも、ひとえに地球が月という異常に大きな衛星をもっているおかげです。


月なんてなくても、短歌の題材がひとつ減る程度と思われるかもしれませんが、
どれだけ月が地球の生命の誕生と持続に大きな役割りを果たしているか、
ニール・F・カミンズの本をたよりに、これから何度かにわたって考えてみたいと思います。


IMG_1956

ニール・F・カミンズ著『もしも月がなかったら』東京書籍
    同      『もしも月が2つあったなら』東京書籍

 

このページのトップヘ