「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、竹取物語のことを指した源氏物語のなかにあることばです。私たちは、「月(ツキ)」と「運」だけで勝負できるこのまち月夜野に、たくさんの物語を育てていきます。2016年、月夜野が日本百名月に登録されたことを機に、みなかみ〈月〉の会を結成しました。

カテゴリ:月夜野地区まちづくり協議会 > イベント紹介

IMG_6089


名胡桃城址のお月見 〜月夜野百八燈〜
  段取り打ち合わせ

IMG_4012



  月暦              西暦                                     月の出  南中  月の入    


        9月27日(水) 行灯委託先より回収
              名胡桃城址 柱のみ一部設置


九日月       9月28日(木) 上弦の月  12:37       17:46       22:55

      16時より 行灯設置作業        


十日月       9月29日(金)                          13:24       18:34      23:45  

             16時半よりリハーサル


十一夜       9月30日(土)                          14:08       19:23      0:39   

    

十二夜     10月  1日(日)                          14:50        20:11             


十三夜     10月  2日(月)                          15:29        20:59            


十四夜     10月  3日(火) 宵待月       16:06        21:48  

      16時より キャンドル設置

    

 

十五夜     10月  4日(水) 仲秋の名月     16:42        22:37          

     月夜野 指月会 嶽林寺  16時:行灯・キャンドル嶽林寺へ移動設置 

                     17時半まで名胡桃城址へ戻

            篠笛、朗読、紙芝居「かぐや姫」など


十六夜     10月  5日(木)   十六夜              17:18       23:27           


十七夜     10月  6日(金) 立待月   満月    17:54       0:18         

         満月の夕べ   紙芝居「月うさぎ」など

 

           (15時〜17時 会議あり)


十八夜     10月  7日(土) 居待月              18:33      1:11             


十九夜     10月  8日(日) 寝待月              19:14      2:06       


二十日月 10月  9日(月)    更待月              20:00      3:03      


       (行灯点灯期間 10月9日まで)


二十一夜 10月10日(火)    16時より 撤収作業

13533320_1211783025499447_2924700291975480962_n

ホタルの鑑賞期間の企画で夜行SLが、高崎−水上駅間を走りました。

水上駅では、キャンドルナイトでの出迎えがされ、
上毛高原駅では、後閑駅からホタルの鑑賞地へみえる人たちをおもてなし隊が、
太鼓や物産展でもてなしました。

このイベントにあわせて「月夜野百八燈」の30台ほどを、
上毛高原駅の東西出入り口に飾らせてもらいました。


13509027_1211783055499444_1883123774732571811_n

残念ながら、肝心な夜の明かりの写真を撮りそびれてしまいました。

13566924_1211783078832775_4133845303403117029_n

ホタルと月と行灯で、夜の仄かな明かりの文化を取り戻していく活動が、
ようやく月夜野からはじまります。




20160521_164848

志賀勝先生の講演

志賀先生の本は全部読んではいるけれど、月の暦については、
まだまだ理解できていないことばかり。

月夜野の住民にとっては、とても大事なお話を聞くことができました。


20160521_164842

 第一部       約40名参加(東京15名、地元15名、協議会ほか関係者10名)   

  1、開会挨拶 (主催協力者やNHK取材の紹介)

  2、岸町長挨拶

  3、「日本百名月」登録の報告(みなかみ観光協会 高橋美保)

  4、みなかみ〈月〉の会の説明(呼びかけ人 星野 上)

  5、篠笛演奏 (朝倉 力)

  6、志賀勝先生講演「人は月に生かされている」

  7、質疑・入会・協賛のお願い    閉会



20160521_141519

月夜のまちライブラリーの展示

20160521_141528

「月夜野百」八燈も展示しました。


第二部   名胡桃城址にて十五夜月待ち (約30名参加)

20160521_180633

こちらの篠笛の演奏は着物着て、
名胡桃城址でスタンバイしてくれていました。

20160521_180639

古城址と自然の緑を背景にした演奏は、最高のロケーションで感動的でした。
 

20160521_181210

篠笛の音に、ウグイスや小鳥が呼応してくれる。


20160521_182108

月を待つ間に、歴史ガイドの会の高橋会長に名胡桃城址の説明をしていただきました。

高橋会長は、急用が入ってしまったにもかかわらずかけつけてくれました。


とうとう、この場所で月は見れませんでしたが、

準備に余裕のなかった今回の企画を支えてくれたたくさんの仲間たちに

感謝、感謝です。 



懇親会の場所に移動したら、見事な十五夜が出てました。
 
IMG_2852


IMG_2848

この月の丸みがこれほど妬ましく見えたこともありません。

十五夜(21日)の講演会の準備までもう僅かしかなく、
宣伝が1ヶ月出遅れたこともあり、
どうか月よ、もっと速度を落として丸くなってくれと願うばかりです。

幸い、前橋や沼田から予想外の応援を得ることができたり、
NHKの取材撮影が決まったり 、
地元でチラシの全戸配布がなんとか間に合ったり、
次々と天の助けにささえられてますが、

どれだけ地元の人たちが来てくれるかは、なかなか予想がつきません。 

jpeg
みなさま、宣伝ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 

10月24日(土)上牧カルチャーセンターにて
300名以上の皆さんに参加いただき行われました。


「みなcoming体操」の様子です。



会場では、以下のようなことが盛大に行われました。

1、子育て支援ネットワーク各団体の活動紹介をパネル展示

2、子育て支援ネットワーク各団体の活動や遊びを体験できるブースの開放
    (子育て広場・読み聞かせ・バルーンアートほか)

3、講師を招いての親子ふれあい体操やリズム遊びの体験

4、ぐんまちゃん及びつっきー(ホタルぼうや)の出演

5、スタンプラリーの実施やアンケートの配布

6、みなかみ体操やダンスパフォーマンス



参加ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。
スタッフのみなさん 、お疲れさまでした。

第五回師区民ふれあい交流展示会開催

期日  平成27年11月 8日(日) 午前9時〜午後3時

場所 師区公民館

主催 師地区ふれあい交流会

後援 師区・月夜野地区まちづくり協議会・みなかみ町・みなかみ町教育委員会

展示 切り絵・絵画・写真・彫刻・工作作品・盆栽・菊花・手芸品など
                 〜 師区民の作品です

イベント 餅つき大会
   午前11時・午後1時の2回行います。
   つきたてのお餅を賞味できます。

交流コーナー 甘酒・赤飯などで来場者を接待致します。

町民皆様 お誘いあわせのうえお出かけ下さい。

  問い合わせ  62−3537  会長 馬場春夫

 

このページのトップヘ