「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、竹取物語のことを指した源氏物語のなかにあることばです。私たちは、「月(ツキ)」と「運」だけで勝負できるこのまち月夜野に、たくさんの物語を育てていきます。2016年、月夜野が日本百名月に登録されたことを機に、みなかみ〈月〉の会を結成しました。

カテゴリ:月夜野百景 >

珍しく三脚を立てて撮影してみました。

IMG_4646

間もなく新月なので、明日の月は捉えられるかどうか。





見つけたり二十九日の月寒き    





IMG_4641



山や雲のシルエットを強調しようとすると、
月がこんな風になってしまいます。


IMG_4639

絞りの調整ももっといろいろ試してみないといけません。


IMG_4531
 
昨日は雪が降ったこともあり、空気が澄み切ってとても綺麗な空でした。

今日は上弦の月。

半月であるにもかかわらず、煌煌と月明かりが雪面を照らしています。



上弦の月、下弦の月の見分け方


「上弦の月と下弦の月の見分け方」
http://park.geocities.jp/akanesumire0705/hangetsu.htm

など様々な方法が説明されていますが、私は
以下の方法を使っています。



36

右手を空にかざして少し包むように丸めた形が上弦、
左手をかざして少し丸めた形が下弦
と判断してます。
この方がずっとわかりやすくて実用的な方法だと思います。



 

茂左衛門地蔵尊、初詣期間のうち2日の夜まての間、月夜野橋に行灯を飾ってます。

IMG_0926

冬の強風対策で、光源をロウソクからLEDランタンに変えたら、白色系の明かりになってしまった分、
今度は行灯らしさがちょっとなくなってしまいました。

でも行燈の月の歌などの文字は、明かりがついても読みやすくなりました。

少しでも読んでくれる人がいたら嬉しい。

IMG_0924

明かりを今度、オレンジ色マジックで塗ってみようか。

まだまだ試行錯誤がつづきます。

IMG_0920
 
設置を終えたら、ちょうど西の空に三日月が沈むところでした。

IMG_4514


 みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。

IMG_4359

月が横に傾いて舟のような姿になる時を待っていました。

月は細くなるにつれて、月の出時間が日の出時間に近づいていきます。

45


三峰山から4時頃に、角を出すようにふたつの光が出る瞬間を捉えたかったのですが、
寒い中、ずっと見張る根性がないばかりにタイミングを逸してしまいました。


FullSizeRender

上毛高原駅の西にある見城山。

「味城山」と記されている地図も多く、地元では山頂に城柵跡があることから「味」ではなく、「見」る城山で統一すべきだと各方面に働きかけています。

IMG_4252
 
ここは朝方、西へ沈む月がいつも美しい。


IMG_4260
 



お月見マップ


作成中のお月見マップも、既成のGoogle mapなどを使用すると「味城山」の表記になっていて統一できません。

地図の作成は、やはりプロにお願いすべきか、検討中です。


月見ガイド 直し

矢瀬公園の源義家像の写真も、もう半月待って
明るい三日月から十四夜の頃を待って撮り直してみようかと思います。


IMG_4264
 

IMG_2497



大空は梅のにほひに霞みつつ
   曇りも果てぬ春の夜の月
                  定家



IMG_2475



「もみもみ」の定家は、どうもしっくりこない。

才あふれ、学べることはとても多いけど、
確かに出世できない性格の典型にも見えますね。


IMG_1352







IMG_2489


世の中は 空しきものと あらむとそ
   この照る月は 満ち欠けしける

           よみ人しらず 万葉 巻三−442 

このページのトップヘ