「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 (「みなかみ〈月〉の会」と「月夜のタヌキ会議」による共同ブログです)

カテゴリ:月夜野百景 >

わが宿は雪降りしきて道もなし    ふみわけてとふ人しなければ                 よみびとしらず ...

正月から2018年最大の満月!だそうですが、新年早々、今年最大の満月残念ながら、群馬県北部の空は雲に覆われています。午後6時半頃、三峰山の上に姿は現しましたが、こんな感じです。それでも昨日は太田市まで足を伸ばした帰りに、伊勢崎、前橋を通過するあたりで見事な月 ...

月齢 27.6晦日前のもっとも細く鋭い月太陽にもっとも近い位置にあるため、朝夕でないとなかなか見れません。逆に地球を挟んで太陽にもっとも遠い位置にあるのが満月。  ...

珍しく三脚を立てて撮影してみました。間もなく新月なので、明日の月は捉えられるかどうか。見つけたり二十九日の月寒き    山や雲のシルエットを強調しようとすると、月がこんな風になってしまいます。絞りの調整ももっといろいろ試してみないといけません。 ...

 昨日は雪が降ったこともあり、空気が澄み切ってとても綺麗な空でした。今日は上弦の月。半月であるにもかかわらず、煌煌と月明かりが雪面を照らしています。上弦の月、下弦の月の見分け方「上弦の月と下弦の月の見分け方」http://park.geocities.jp/akanesumire0705/hanget ...

茂左衛門地蔵尊、初詣期間のうち2日の夜まての間、月夜野橋に行灯を飾ってます。冬の強風対策で、光源をロウソクからLEDランタンに変えたら、白色系の明かりになってしまった分、今度は行灯らしさがちょっとなくなってしまいました。でも行燈の月の歌などの文字は、明かりが ...

月が横に傾いて舟のような姿になる時を待っていました。月は細くなるにつれて、月の出時間が日の出時間に近づいていきます。三峰山から4時頃に、角を出すようにふたつの光が出る瞬間を捉えたかったのですが、寒い中、ずっと見張る根性がないばかりにタイミングを逸してしま ...

上毛高原駅の西にある見城山。「味城山」と記されている地図も多く、地元では山頂に城柵跡があることから「味」ではなく、「見」る城山で統一すべきだと各方面に働きかけています。 ここは朝方、西へ沈む月がいつも美しい。 作成中のお月見マップも、既成のGoogle mapなど ...

↑このページのトップヘ