「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 ホームページ「月夜野百景」https://www.tsukiyono100.com 連携ブログ

カテゴリ:月夜野百景 >

二十九夜 月齢28.0月兎漕舟図 源長常(江戸時代)太陽に近い月のため、日が上ってしまうと、とても見つけにくくなってしまいます。 ...

今日は十一夜月齢10.0これは、私たちのいう「ボヨヨンの月」です。 半月よりもちょっと膨らんだ月のことですが、他におぼろ月も広義のボヨヨンの月に含まれます。以前どこかに「ボヨヨンの月」の定義について書いたような気がするのですが、毎度のことながらおぼろな記憶、 ...

駐車場から徒歩30分足らずで、これほどの素晴らしい空間にたどり着くとは思いもよりませんでした。 大峰山は、日本海側の植生と太平洋側の植生が接する地域であり、両者の植物相が見られる貴重な場所。イヌブナなどの太平洋側に特徴的な植物に混じって、ハイイヌガヤやブナ ...

今日、10月1日は酒の日だそうです。月といえば酒です(笑)しらたまの歯にしみとほる秋の夜の   酒はしずかに飲むべかりけり             若山牧水大勢で盛り上がる酒も楽しいものですが、個人的にはふたり(1対1)で呑む酒が一番好きです。今日のように一 ...

毎年のことながら、ネット上では開催情報がなかなk出回っていないので、勝手に当日ポスターつくってしまいました。このヤッサ祭りは、みなかみ町の奇祭として祭りそのものがとても面白いのですが、本来の夜祭りの姿を維持していること、アスファルトの上ではなく神社境内の ...

昨日までは晴れ間がほとんどなかっただけに雲の切れ間から顔をだすきょうの月はいっそう鮮やかにに見えます。こんなよい月を一人で見て寝る                            尾崎放哉十七夜 立待月 (2019/09/15)月齢 15.7 ...

今日は十四夜。明日が中秋の名月明後日が望月。腹いっぱいの月がでている        種田山頭火山頭火が見た腹一杯の月とは、完全な満月より今日あたりの膨らんだ姿だったのかな。いつも空きっ腹の日々の気持ちなんて、現代人にはわかんないだろうから。 ...

↑このページのトップヘ