「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 ホームページ「月夜野百景」https://www.tsukiyono100.com 連携ブログ

カテゴリ:月夜野百景 >

月齢 14.0現代の都会暮らしでは気づくことがないかもしれませんが、目に一丁字もない人というのが、田舎にはいます。 そういう人がいる限り、私たちは多少なりとも正気を取り戻すことができる。 ...

みなかみ町の花がヤマブキであることを知りました。地域では、ヤマブキの植栽活動も行なわれました。ところが、実際に植栽活動を行ってみると、地域には自生したヤマブキが既にたくさんあることも知りました。このときわたしたちは大切なことに気づきました。草花をたくさん ...

もしかしたら、春霞というと現代の人はスギ花粉の景色のことと思っているかもしれません。確かに大地の温度が上がることに起因する諸々の現象なのですが、古来、スギ花粉やPM2.5など話題になるずっと前から春霞や朧月は味わい深い日本の春景色を代表するものでした。そんな春 ...

春の七草ごぎょう はこべら すずしろ すずな せり なずな ほとけのざ左端にごぎょうをわけ、すずしろ(ダイコン)、すずな(カブ)とおきましたが、せり、はこべら、なずな、ほとけのざは、これでは区別つきませんね。七草粥 ...

うちの近くでは、ウグイスよりも美しい声で鳴き、とても能弁なクロツグミ。懸命にさえずりますが、なにを伝えたいんだか、よくわかりません。その点、すぐ横で鳴くウグイスは、実に言葉が明瞭です。ホーホケキョとケキョケキョのバリエーションがはっきりしています。やはり ...

↑このページのトップヘ