「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 ホームページ「月夜野百景」https://www.tsukiyono100.com 連携ブログ

カテゴリ:月夜野百景 >

この時期、中国人観光客が、どっと押し寄せてくる「春節(旧暦の正月)」が、インバウンド効果で日本でも知れわたってきたおかげで、すっかり忘れさられた旧暦(月暦)のことも多少は意識されるようになってきた気がします。そうです。旧暦では、今日が新年の始まりになりま ...

今日は十三夜です。十三夜は、かなり早い時間に月が昇るので、月夜野の守蔵さんの奥座敷を利用させていただき、部屋に差し込む月明かりで「いつもそばに月が」の第一弾の撮影を試みまてみました。早めにお邪魔させていただき、箱膳、行燈をセッティング。このガラス戸を通し ...

今年は4月に異例の積雪がありましたが、雪解けはあっという間。それでも昨年に比べたら、残雪の量は多いです。昨年の4月15日頃の水準です。にも関わらず、ダムの貯水量は意外と少なめ。そういえば、田んぼの水が足りなくて田植えにも影響が出る年もありましたが、そもそも誰 ...

数日前から平成最後の満月は、守蔵さんとこで蕎麦食いながら見ようと思ってましたが、お店にいる間は、朧月だったため、そのまま店内で飲み食いしてました。一応、お月見道具をいろいろ車に積んで行ったのですが、三脚型行燈以外、お披露目することはできませんでした。とこ ...

春分秋分の日に太陽が真東から上がり、真西に沈み、昼夜平分の日であることはよく知られています。ところが、この両日が満月ならば、月もまた真東から上がり、真西に沈むということは、ほとんど認知されていません。今年の春分の日は、滅多にない満月の日でもあります。「子 ...

月齢 14.0現代の都会暮らしでは気づくことがないかもしれませんが、目に一丁字もない人というのが、田舎にはいます。 そういう人がいる限り、私たちは多少なりとも正気を取り戻すことができる。 ...

みなかみ町の花がヤマブキであることを知りました。地域では、ヤマブキの植栽活動も行なわれました。ところが、実際に植栽活動を行ってみると、地域には自生したヤマブキが既にたくさんあることも知りました。このときわたしたちは大切なことに気づきました。草花をたくさん ...

↑このページのトップヘ