「十六夜(いざよい)」とは、満月の次の日の月で、十五夜よりもちょっと(約50分)遅れて出てくる月のことです。
 少しだけ欠けているにもかかわらず、ほぼ丸く見えることから、ちょっとお得した気分になれる月でもあります。

「いざよう」という言葉には、「ためらう」といった意味もあります。
47

「月夜野タヌキの十六夜会議」は、ちょっと出遅れた月のように、まだためらっている人たちを誘い「いざなう」会議、そんなようなイメージを描いています。



   いざよふ月に さそはれいでてなむとぞ 思ひなりぬる

                  阿仏尼の紀行文『十六夜日記』より



 月が満ちていく時期は、月のエネルギーが増す時期なので、活発な議論をしたりイベントを行なうには格好の時期です。
 かたや新月の頃になると、ひとりでじっくり考えるようなことに向いていると言われます。

 出来ることなら月夜野地域では、こうした旧暦のもつ月のリズムを活かした活動を考えていけたらとも思っています。