「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、竹取物語のことを指した源氏物語のなかにあることばです。私たちは、「月(ツキ)」と「運」だけで勝負できるこのまち月夜野に、たくさんの物語を育てていきます。2016年、月夜野が日本百名月に登録されたことを機に、みなかみ〈月〉の会を結成しました。

カテゴリ: 月暦


西暦では11月に入り、霜月。

今朝は暦どおり田んぼには霜が降りてました。

23116702_1739452272732517_6014790626418851119_o



旧暦、月暦で今日は九月(長月)の十三夜にあたります。

中秋の名月をみたら、のちの十三夜もみないと片見月になるとされ
江戸時代ころからその習慣が広く普及しだしたようです。

IMG_6249

月とのかかわり自体は古来、縄文の昔からあったことと思いますが、お月見の習慣は中国から伝来し、十五夜のお月見が文献のうえであらわれるのは平安時代村上天皇の御代。

対する十三夜の習慣は日本独自のものといわれ、宇多上皇の創始ともいわれます。

その根拠とされるのが、わが月夜野の三峰神社にも所縁のある凡河内躬恒の『躬恒集』にみえる以下の記事です。


清涼殿の南のつまに、みかは水ながれいでたり。その前栽にささら河あり、延喜十九年九月十三日に賀せしめ 給ふ。題に月にのりてささら水をもてあそぶ。詩歌心にまかす。

     もも敷の大宮ながら八十島を見るここちする秋のよのつき



ほかに鎌倉時代『吾妻鏡』にも十三夜の歌会の記述などがあるようですが、現在の民間で行われるような十三夜がみられるようになったのは、江戸時代になってからのようです。

『和漢三才図会』に

 九月十三夜 按、俗八月十五夜煮芋食、称芋名月。今夜煮葵豆食、称豆名月。

とあるように、十三夜を豆名月と呼んでいます。

もともとは、豆も栗も芋も八月十五日の供物でしたが、収穫のうえでは早すぎて値が高く、十三夜に枝豆や栗を用いるようになったのではともいわれます。

また俗には、吉原の遊女たちが十五夜に来た客に対して、来月の十三夜もまた来てくれないと片見月になるので縁起がわるいと営業トークネタに使ったことが普及のきっかけになったともいわれます。


IMG_6254

そんな十三夜を題材にした作品としては、樋口一葉の『十三夜』が有名ですが、他に藤沢周平も短編で取り上げています。


昨年、みなかみ月の会結成記念講演会で篠笛演奏してくれた朝倉さんから、是非、この藤沢周平の作品朗読のバックで演奏したいとの話をいただき、先月のことですが、名胡桃城址で沼田市在住の真庭さんとのコラボレーションで実現することができました。


DSCF9431


名胡桃城址の東端、ささ郭にて、ちょうど月をバックに最高のロケーションで朗読されました。


IMG_4087


当初、独特の世界をもつ時代小説を屋外のオープンスペースで朗読することなど、
聞き手を引き込むのはとても難しいことと思われましたが、
真庭さん、見事に読み込んでくれました。



IMG_6252


「十三夜」は、この『日暮れ竹河岸』文春文庫に収録されてます。




片見月にならないよう、また名胡桃城址へ行きたいところですが、
やはりこう寒くては、そう簡単にゆっくりとおつな気分にひたるというわけにもいきません。

今年は、庭からの眺めでごめんさい。

今日は旧暦の五節供のひとつ、「重陽の節供」。

五節句とは、奇数(陽)が重なると陰になるとして、それを避けるために
(避邪)の行事を行う

最初の節句は1月1日といきたいところですが、元日は別格とし、
7日の人日(じんじつ)がみんなが年をとるお祝いの日

3月3日がひな祭りで女の子のお祝い

5月5日が端午の節句で男の子のお祝い

7月7日が七夕で、男女のご縁のお祝い

最大の陽数「9」が重なるおめでたい日で、不老長寿や繁栄を祈願しました。

「菊の節供」「栗の節供」とも呼ばれ、菊づくしで祝い、栗ごはんを楽しんだりします。

IMG_5970



IMG_5969


暦でおよその月の出時間を見計らって渋川を6時半ころに出て、三国街道経由で月夜野へ向いました。

すると、高山村を通過するときに大きな月が出ていました。

急ぎ、これは月夜野のロケーションで撮影しておこうと先を急ぎました。

DSCF9262

赤根峠を通過している間は、しばらくの間まわりの木々が邪魔してほとんど見ることはできませんでした。

富士浅間山にかかる月が見える場所を探して、リンゴ畑の農道をおりてきたら、突如、貯水池に月明かりが映っているのをみつけました。


DSCF9264

これはちゃんとしたカメラを持ってくれば、良い映像になるはずです。

といって今日、家に戻って出直すまではできません。

それでも、月夜野の地形のよいおかげで、家に着くころは、
三峯山から月が顔を出すところでした。


IMG_5952

もっと東へ向かい、三峯山の麓に近づけば
さらにもう一度、月の出を見ることができます。


IMG_5957


IMG_5925


昨日から急に涼しい風吹く秋晴れ陽気

流れる雲がとても美しい


IMG_5928


越中の「おわら風の盆」 https://www.yatsuo.net/kazenobon/
がはじまります。

台風シーズンを前に風を鎮める祈りをこめた踊りだそうで、
ならば収穫のこの季節、うちの町でも必要な踊りということだ。

いつか見にいきたいものです。


IMG_5931

村雲少し あるもよし なきもよし 
            (樋口一葉)

IMG_5926

IMG_5596

太陽が夏は高く冬は低い位置を移動するのとは逆に、
月は夏は低く、冬は高いのだということを知りませんでした。

その低い位置を移動するためにこの時期の月は赤く見えるとのこと。

それで今日の月はストロベリームーンともいうそうですが、
どこがストロベリーだ!と突っ込みたくなるほど
冴え冴えとした月が出ました。

というのも、午後は曇り空で月を見るのは諦めていたところに、
夕方から激しい雷雨。
その雨が上がった澄んだ空だから、こんな月になったのでしょうか。 

このページのトップヘ