「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 ホームページ「月夜野百景」https://www.tsukiyono100.com 連携ブログ

カテゴリ: 月暦

この時期、中国人観光客が、どっと押し寄せてくる「春節(旧暦の正月)」が、インバウンド効果で日本でも知れわたってきたおかげで、すっかり忘れさられた旧暦(月暦)のことも多少は意識されるようになってきた気がします。そうです。旧暦では、今日が新年の始まりになりま ...

毎年この時期には、旧暦を重んじるわれわれ月夜のタヌキ会議としては、西暦(太陽暦)の割り算で機械的にはじき出される午前0時をもって、一年、一日の始まりとすることの理不尽を感じています。どう考えても、太陽暦であれ、月暦であれ、天文上の暦からしても、あの秒針(も ...

先日、早朝に月夜野へ行ってきたら、いつの間にやら沿線の木々がまばゆいほどの新緑にもえぎ盛っていました。この植物のエネルギーのもえ(萌え)さかる姿を見ると、1年は春からスタートするものとの年度志向が当然のことに感じられます。ところが、なぜか世界標準ともいえる ...

数日前から平成最後の満月は、守蔵さんとこで蕎麦食いながら見ようと思ってましたが、お店にいる間は、朧月だったため、そのまま店内で飲み食いしてました。一応、お月見道具をいろいろ車に積んで行ったのですが、三脚型行燈以外、お披露目することはできませんでした。とこ ...

春分秋分の日に太陽が真東から上がり、真西に沈み、昼夜平分の日であることはよく知られています。ところが、この両日が満月ならば、月もまた真東から上がり、真西に沈むということは、ほとんど認知されていません。今年の春分の日は、滅多にない満月の日でもあります。「子 ...

今日は2月30日です。 毎年、新年度を控えて仕事の忙しいこの時期は、2月が28日までしかないことを恨めしく思っています。一ヶ月が31日の月が1年には7ヶ月もあるのに、どうしてただ一人、2月だけが2日も3日も割りを食わなくてなならないのでしょうか。 西暦、グレゴリオ暦 ...

月暦(旧暦)でいう月の始まりが、月の見えない新月の日からというのは、何らかの形の月の姿が見えるわけではないので、日ごとの変化を追っていない限りなかなかその日を確定することは私たちには難しいものす。どうしてこのようなわかりにくい仕組みになっているのか、今ひ ...

十八夜の居待月の月の出時刻  みなかみ町下牧では、21:40でした。(標準時刻では、20:32 三峯山の高さと撮影場所が山に近い分、約1時間の遅れ)月齢17.2 ...

曇り気味で夕方からは時折雨が降るあいにくの天気。半ばあきらめていたところ、風が強く吹いてきたのでもしやと思ったら、テラスに影が映っていたので、慌ててカメラを取り出しました。月齢15.2通常の撮影では、スーパームーンの雰囲気は出ませんね。 志賀勝さんの説明で初 ...

↑このページのトップヘ