「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、竹取物語のことを指した源氏物語のなかにあることばです。私たちは、「月(ツキ)」と「運」だけで勝負できるこのまち月夜野に、たくさんの物語を育てていきます。2016年、月夜野が日本百名月に登録されたことを機に、みなかみ〈月〉の会を結成しました。

カテゴリ: 月暦

暦でおよその月の出時間を見計らって渋川を6時半ころに出て、三国街道経由で月夜野へ向いました。

すると、高山村を通過するときに大きな月が出ていました。

急ぎ、これは月夜野のロケーションで撮影しておこうと先を急ぎました。

DSCF9262

赤根峠を通過している間は、しばらくの間まわりの木々が邪魔してほとんど見ることはできませんでした。

富士浅間山にかかる月が見える場所を探して、リンゴ畑の農道をおりてきたら、突如、貯水池に月明かりが映っているのをみつけました。


DSCF9264

これはちゃんとしたカメラを持ってくれば、良い映像になるはずです。

といって今日、家に戻って出直すまではできません。

それでも、月夜野の地形のよいおかげで、家に着くころは、
三峯山から月が顔を出すところでした。


IMG_5952

もっと東へ向かい、三峯山の麓に近づけば
さらにもう一度、月の出を見ることができます。


IMG_5957


IMG_5925


昨日から急に涼しい風吹く秋晴れ陽気

流れる雲がとても美しい


IMG_5928


越中の「おわら風の盆」 https://www.yatsuo.net/kazenobon/
がはじまります。

台風シーズンを前に風を鎮める祈りをこめた踊りだそうで、
ならば収穫のこの季節、うちの町でも必要な踊りということだ。

いつか見にいきたいものです。


IMG_5931

村雲少し あるもよし なきもよし 
            (樋口一葉)

IMG_5926

IMG_5596

太陽が夏は高く冬は低い位置を移動するのとは逆に、
月は夏は低く、冬は高いのだということを知りませんでした。

その低い位置を移動するためにこの時期の月は赤く見えるとのこと。

それで今日の月はストロベリームーンともいうそうですが、
どこがストロベリーだ!と突っ込みたくなるほど
冴え冴えとした月が出ました。

というのも、午後は曇り空で月を見るのは諦めていたところに、
夕方から激しい雷雨。
その雨が上がった澄んだ空だから、こんな月になったのでしょうか。 

IMG_4369

詩 工藤直子  絵 佐野洋子 『新編あいたくて』 新潮文庫 

オオキクナッタラ満月ニナル!

工藤直子の「やまぶどうの夢」という詩に出てくる表現です。

作品の一部分のみを切り取ってしまうのは、作者には大変失礼なことですが、
私たちの地域にとってとても大事な表現なので、引用させていただきました。 



月夜野のお月見ガイドリーフの裏面タイトルでも使わせていただいてます。

お月見ガイド ワイド 印刷用




月夜野のリンゴ「ぐんま名月」などが、ほかの場所のリンゴとくらべて
どうしてこんなに美味しいのか?


月夜野のリンゴは、こう言って育つからです。

「ぼく、大きくなったら満月になる!」


原作の表現を、勝手にいじるわけにはいかないので、

残念ながら冒頭の「ぼく」は省略させていただきました。





月夜野に暮らす人たちは、みんなまん丸の満月になることを目指しています。



IMG_4359

月が横に傾いて舟のような姿になる時を待っていました。

月は細くなるにつれて、月の出時間が日の出時間に近づいていきます。

45


三峰山から4時頃に、角を出すようにふたつの光が出る瞬間を捉えたかったのですが、
寒い中、ずっと見張る根性がないばかりにタイミングを逸してしまいました。


FullSizeRender



20160823_065231
 

台風が去り、今日は一気に気温が上がりそうです。

長野や群馬は、高い山に囲まれているため、海上で勢力を増す台風も急激に衰えてしまうようですが、
久しぶりに十分な雨を降らせてくれる良い台風でした。

20160823_063426
 
この時期の台風なら、比較的まだ農作物への被害は少なくて済みます。 

このページのトップヘ