「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 (「みなかみ〈月〉の会」と「月夜のタヌキ会議」による共同ブログです)

カテゴリ: 月暦

十四夜、昨日の十五夜と台風通過後の影響か、雲が切れることなく見ること叶わなかったお月さんですが、今日は、夜が更けていくにつれ月は、昼間より明るく恥ずかしいほど鮮やかに澄みわたっています。十六夜の月ですが、月齢は14.7これぞ満月。  月に照らされた瓦屋根。 ...

月齢 12.7明日が十五夜(月齢13.7)、明後日、日曜が満月(月齢14.7)です。春は、お花見に人びとが狂乱するのと同じように、古来、日本人は仲秋の名月が近づくと月に狂乱してきました。それは、ようやく実りの秋を迎える収穫祭の意味と、滿ちては欠ける月の姿に生命の再生 ...

今日は新月。星空がとても綺麗でした。通常、新月の日は月が出ないためホタル観賞には最高の日なのですが、だいぶ私の目が闇夜に慣れてきたこともあり、星空が輝いていると月はなくても周囲の景観はかなり明るく感じます。本当の闇の深さを感じるのは、雨の日や厚い雲が覆っ ...

今日は旧暦の卯月八日です。この日、赤城山へは、東の黒保根ルート、南の伊勢崎、前橋ルート、西の赤城村ルートそれぞれから若者たちが山頂目指して登りました。地蔵岳の信仰などとともに先祖供養がされたようですが、山の神を里へ迎え入れ田植え作業に入る節目の日だとも。 ...

↑このページのトップヘ