「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 (「みなかみ〈月〉の会」と「月夜のタヌキ会議」による共同ブログです)

2017年07月

夏の土用、丑の日にウナギを食べると夏バテ防止になるといわれます。そもそもウナギの旬は晩秋から初冬にかけてで、夏のこの季節にはあまり味がのっていないので売れ行きが悪かったそうです。その季節の売り上げをなんとか伸ばすアイデアとして平賀源内が、丑の日の「う」に ...

 行灯がこの仕様に決まるまでは、ほぼ1年をかけて試行錯誤を重ねてきました。 最初は、本来のロウソクの明かりから始めたのですが、野外に放置する都合、  LED照明などの人口の明かりに変えざるをえませんでした。           昨年のホタルの季節には、蛍月亭を ...

↑このページのトップヘ