「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜のタヌキ会議〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 (「みなかみ〈月〉の会」と「月夜のタヌキ会議」による共同ブログです)

2017年02月

行燈を月の夜にせんほとゝきす                 嵐雪幸田露伴『評釈芭蕉七部集』の中の「炭俵」よりの句です。露伴の評釈は以下のように続いてます。後には室内に置ける燈を行燈といふやうになりたれども、此頃は猶字のごとく提げて歩くものをしか言へるに ...

30年くらい前に出会い、20年くらい前にようやく古書で購入し、ずっと棚の肥やしになっていた本。 ようやく熟成して味わえる幸せ。芭蕉は渋滞せず、執着せず、山を出蔓の水の、茂林深谷の間を行き、平野曠野の中を流れ、觸處に景をなして趣を變ずるが如く、峰にかかる雲の暁 ...

↑このページのトップヘ