「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、竹取物語のことを指した源氏物語のなかにあることばです。私たちは、「月(ツキ)」と「運」だけで勝負できるこのまち月夜野に、たくさんの物語を育てていきます。2016年、月夜野が日本百名月に登録されたことを機に、みなかみ〈月〉の会を結成しました。

2017年01月

蛍といえば
「源氏物語」のこの場面。





蛍の光では、ほんのかすかにしか見えなかったが、姫君がすらりとした格好で、物に寄りかかっていらした容姿の美しかったのを、もっともっと見たくお思いになって、全く源氏の思わく通り、宮のお心に沁みこんだのだった。



蛍兵部卿宮
鳴く声も聞えぬ虫の思ひだに人の消つには消ゆる物かは

   鳴く声も聞こえない蛍の光だって、人が消そうとしても、消える物ではありません。
   まして音に泣くわたしの思いの火は、どうして消すことができましょうか。




わたしの心がお分かりになりましたか
とお申し上げになる。
こうした場合の御返歌をあれこれ考え廻して手間取るのも、素直でないように思われるから、早いだけを取りえにして



声はせで身をのみ焦す蛍こそいふよりまさる思ひなるらめ

    声を出さないで身を焦がしてばかりいる蛍の方が、あなた様のように、声に出しておっしゃるよりも、
   もっと切ない思いなのでしょう



例えばこんな風に、わざと何でもないように申し上げて、御自身は奥の方に引込んでおしまいになったので、いかにもよそよそしくお扱いになるのがつらいと、宮は随分お恨み申しあげなさる。 

珍しく三脚を立てて撮影してみました。

IMG_4646

間もなく新月なので、明日の月は捉えられるかどうか。





見つけたり二十九日の月寒き    





IMG_4641



山や雲のシルエットを強調しようとすると、
月がこんな風になってしまいます。


IMG_4639

絞りの調整ももっといろいろ試してみないといけません。

IMG_0976




(元々の「七草」は秋の七草を指し、小正月1月15日のものは「七種」と書く。ウィキペディアより)

1.芹(せり)   川辺・湿地に生える。

2.薺(なずな)   ペンペン草

3.御形(ごぎょう)   母子草。

4.繁縷(はこべら、はこべ)   小さい白い花。

5.仏の座(ほとけのざ)  正しくは、田平子(たびらこ)

6.菘(すずな) 蕪(かぶ)

7.蘿蔔(すずしろ) 大根

これらの草は、本来の旧暦の行事として考えないと現実には揃いません。 

DSCF8389
 
 


IMG_4531
 
昨日は雪が降ったこともあり、空気が澄み切ってとても綺麗な空でした。

今日は上弦の月。

半月であるにもかかわらず、煌煌と月明かりが雪面を照らしています。



上弦の月、下弦の月の見分け方


「上弦の月と下弦の月の見分け方」
http://park.geocities.jp/akanesumire0705/hangetsu.htm

など様々な方法が説明されていますが、私は
以下の方法を使っています。



36

右手を空にかざして少し包むように丸めた形が上弦、
左手をかざして少し丸めた形が下弦
と判断してます。
この方がずっとわかりやすくて実用的な方法だと思います。



 

このページのトップヘ