「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 (「みなかみ〈月〉の会」と「月夜のタヌキ会議」による共同ブログです)

2016年06月

ホタルの短歌を検索してみると以下のサイトにまとめられていました。http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/saijiki/hotaru.htmlはやり、筆頭に紹介されているのはこの歌『後拾遺集』和泉式部物思へば沢の蛍も我が身よりあくがれいづる魂たまかとぞみるホタルに関 ...

蛍の夕べの期間、土日だけ蛍月亭に行灯を灯しています。6時半ころに点灯に行ったらちょうどお月様が出ていて田んぼに映りこんでいました。ちょうど初めて来たらしい方が蛍月亭で暗くなるのを待っていました。このときとばかりに、行灯の明かりを灯しながら、そのひとつにある ...

一昨日に続いて、月夜野地区まちづくり協議会の皆さんと「月夜野百八燈」行灯の制作を行いました。前回、材料の下ごしらえを終えているので、今回は組み立て塗装が中心の作業        ・・・のはずでした。これらの下ごしらえ作業は、材料のカットと柱部分の接着。一 ...

「月夜野百八燈」は、本来は「月」がメインの企画ですが、ここ月夜野では月とともに「ホタル」も欠かすことができません。ホタルの夕べにあわせて、ホタルの短歌・俳句の行灯もいくつか制作してみました。リストアップされた短歌や俳句は、以下のよなものです。 伊勢物語・ ...

↑このページのトップヘ