「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。わたしたちは、「月(ツキ)」と「運」だけで勝負できるまち月夜野から、たくさんの物語の生まれるこの地の風土を発見し、また育てていくことを目指しています。 (「みなかみ〈月〉の会」と「月夜のタヌキ会議」による共同ブログです)

2016年03月

これが「東」。

20160329_065000


   地平から日が出た姿が「旦」という字で、あさ、はじまり。

さらに日が昇り「木」の間にまで昇ってきた姿が「東」という字なのだそうです。



20160329_062347


20160329_062422

 

20160326_144423

下牧、利根川沿いにある庚申塔、二十三夜塔に梅の木

昔の辻の雰囲気が素敵です。


20160329_064858





IMG_2632
 
更待ち月。11時頃に出ました。 



20160326_185634

月読庵でも梅の花にタラノメで春満開。





IMG_2568



IMG_2567


           月夜にはそれとも見えず梅の花
             香をたづねてぞしるべかりける
                             躬恒 (古今40)


IMG_2565

    
  

20160317_063753



IMG_2544


20160311_122023

福寿草の花は、どうも春の日差しを見ながら
開いたり閉じたり。

というよりは、
膨らんだり、細めたり。

なかなかパッと開くことがない和花らしい性格。

IMG_2547

このページのトップヘ