コロナ禍のおかげで実現し、こんな世界が少しずつ広がり始めています。

観客(人間)に対してではなく、自然や神々に捧げる音楽。

第二弾は、地元ネタではありませんが、月つながりということで。


月は出ていませんが、曲は「残月」



 
栃木県にある古社の風格溢れる古峯神社の庭園にて。
 (受付で許可を得て撮影させていただきました) 


A0FC6B16-DC9E-4195-8EA0-8BC1EF33A429



 






峯神社(ふるみねじんじゃ)峯園(こほうえん)

スクリーンショット 2020-08-08 8.22.38
 

神社の庭園として、大芦川の清流を引き、25,000坪におよぶ広大な自然の地形を生かして作られた回遊式庭園です。

神社は、かつては修験道のお寺として、日光全山26院80坊の僧たちが修行に励む霊地として栄えていました。
明治初めの修験道廃止令、神仏分離令とともに、現在の古峯神社となりました。

御祭神のお使いである天狗は、飛翔して崇敬者に降りかかる災厄を除災するという信仰から、広い信仰圏を持っており、群馬へも講の繋がりは及んでいます。
建物の新築・改築などの折は、ここまでお札をもらいに歩いて行く人がいたほどでした。 

       栃木県鹿沼市草久3027 
       http://www.furumine-jinjya.jp


00E468E3-7F1C-489E-944D-2C3303AF352D