新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が出され、世の中が沈鬱なムードにつつまれています。

そんな時だからこそ、
いつもと変わることなく移ろいゆく自然の姿には、
一際こころ打つものがあります。

三密を避ける感染拡大防止がさけばれるなか、
急遽、誰もいない空間での「断密ゲリラライブ」を
前橋市在住のフルート奏者、朝倉力さんにお願いしました。





ちょうど菜の花と桜の共演が見られ、下り坂の天気も薄日がさすほどの好天に恵まれました。


8C095D1A-D806-4163-8C59-EBEE53D80F61


IMG_0184




荒城の月
 

IMG_4574



劇場やホールの中で、照明や音響設備を使うあらたまった企画でなく、
こうした自然のロケーションのなかで音楽や芝居を楽しむことこそ、
この月夜野の地で増やしていきたいと思っています。






不思議と周りの小鳥たちも、人間を恐れずに集まってきます。



2F75979E-2399-4915-8C6B-9656183D8254


朝倉さんに、この穏やかな日差しの下で是非、
ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」が聞きたいと言ったら、
ちゃんとフルートも持ってきてくれました。


 

ところが、残念ながらリハーサルをしているのかと思って見ていたら、
そのまま本番だったので、肝心な「牧神の午後」は撮り損ねてしまいました。
同じくドビュッシーの「パンの笛」



DSCF5965



このような経験の積み重ねの後に私たちが目指しているのは、
素晴らしい演奏を聴くことがメインのイベント企画ではなく、
その場独自の空間や時間を共有することこそを軸とした
語らいの場を日常の中に増やして行くことです。

 それこそがこのブログテーマ
「物語のいでき始めのおや」の世界です。


IMG_4612


本来、人が歌や踊りを舞うのは、
必ずしもそれらの演者たちが主人公なのではなく、
カミや自然に対して捧げるものでした。

かつては日本の至るところに、
伝統保存のためでも、観光のためでもなく
また興業目的でもないそうした季節の祈りの場が、
日常のなかに存在していました。

歴史を振り返ると、それが古代国家の誕生とともに
自然や神々への祈りの歌や踊りは、
王や貴族に向かって行われるようになりました。

中世を経るとさらにお金持ち、貴族などにむけて行われるとともに
次第に観客に向けた歌や踊りが、
興行としてのかたちをとることが大半になってきました。

もちろん多様な姿があるべきものですが、
いつの間にか、歌や踊りの元の姿は忘れられてしまったかのようです。


IMG_0922


新型コロナの緊急事態宣言のおかげで、
なかなかかたちにすることが出来なかった、
人間中心ではなく、自然や神々を相手にした祈りの姿を
月夜野の企画イメージ父してこの度、
少しだけ実現することができました。

朝倉さん、どうもありがとうございました。 
 

STAY HOMEを強いられた生活は、まだ先の長い闘いになりそうです。

どうか皆さん、不安に負けずこころ穏やかに日々をお過ごしください。