IMG_7300

今年は28日(木)が十五夜で、ストロベリームーンともいわれる月の日だったようですが、ホタルを守る会の人たちは、やはり主人公であるホタルを引き立てるには、月は出ていない方が良いと強調されていました。

その日は、雲がかかっていたにもかかわらず、雲を突き抜けて地上を照らす明かりもかなり感じられましたが、深夜になってようやく雲も切れて満月が顔を出しました。

奥の保護地の林の中だけは、月明かりが差し込む余地がなく、暗闇に飛ぶホタルをしっかり見ることができるのですが、それでも木々の葉っぱの隙間から照らす明かりはかなりの強さを感じるものです。

    36333873_2039972842703333_6564199385507299328_o


しかし、あくまでも月とホタルを話題にしたい「月夜野百景」みなかみ〈月〉の会としては、次のことを強調せずにはいられません。


月の出時刻というのは日々50分くらいずつ遅れていくので、
特に満月以降の月の出は、一日一日、夜遅い時間に出るように変わっていきます。

したがって、ホタルの出没の多い時間帯である8時から9時は、まだ月の出前なので
安心して暗がりの中でホタルを楽しむことができるのです。

さらに十分楽しんだ帰り道の頃に、
東の三峯山や見城山から昇る月を見ることができます。

厚い雲がなければ、ちょうど帰り道の足元を月が照らしてくれて、安心して歩くこともできます。



そして何よりも強調したいのは、
月明かりに照らされた山や木々のシルエット
田んぼに映る木々の影などの美しさです。

そこに、す〜とホタルが飛ぶ光が見えるのです。



    月夜のこころ百景 100番

      蛍火の今宵の闇の美しき    高浜虚子



写真の腕がなく、その雰囲気をお見せすることができませんが、その神秘な景観は、
自然に寄り添って暮らす世界の人々には、言い知れない高揚感をもたらしてくれます。

今週末はそんなチャンスに恵まれる時期でもあるので、ぜひ月夜野ホタルの里の夜道をゆっくりと歩いてみてください。




今年のホタルの発生数


                   



IMG_6955

月夜野の月の出目安時刻

6月29日(金)十六夜                                                20:30      

6月30日(土)十七夜  立待月                                 21:00      ホタルを見てから月の出

7月1日(日)十八夜    居待月            21:30      ホタルを見てから月の出

IMG_7699

 

7月2日(月)十九夜     寝待月                                22:00      ホタルを見てから月の出

IMG_7703
 


7月3日 (火)二十日月 更待月                                23:00      ホタルを見てから月の出

7月4日 (水)二十一夜                                              23:30


IMG_7335