久しぶりにしっかりとした新盆に行ってきました。

百八灯も、全行程ではありませんが、きちんとたててきました。


20160814_124841
 
広い家ならでこそ可能なことですが、どんどん行事が簡略化していく組内でも、たまにはこうした家があってくれるとありがたいものです。

それぞれの置き方、飾り方などで会話がはずむのも良いものです。

今では葬儀のときに、この新盆の準備まで業者が段取りしてくれることもあるそうですが、たとえ業者まかせにする場合でも、こうしたことを知っておいて損はありません。



家ぢゅうに草の匂ひや盆の月     長谷川櫂



組立キットの盆だなも楽そうですが、
子どもの記憶にこんな草の匂いをたまには残してやりたいものです。