「月夜のタヌキ」プロジェクト

物語のいでき始めのおや 〜月夜野アーカイブ〜

「物語のいでき始めのおや」とは、源氏物語のなかにでてくる竹取物語のことを指したことばです。オレたちのまちは「月」と「運」だけで勝負できる!ということを立証するために、私たちはたくさんの物語をこの地に生み育てていきます。 ホームページ「月夜野百景」https://www.tsukiyono100.com 連携ブログ

命日とは、故人が亡くなった日(◯月◯日)のことをいいます。これに対し、故人が亡くなった日と同じ日にちが「月命日」で、その日にお参りすることを月忌参りともいいます。つまり、命日は1年に1回、月命日は毎月1回やってくるということになります。ところが現代では、こ ...

月夜野と渋川市の二重生活のような暮らしをしている私は、月夜野から高山村を経て渋川市へ向かう三国街道を週に4度ほどの頻度で通っています。その間わたしは、かなりの確率でタヌキの死体を目撃しています。人間界の周りには、様々な野生動物が暮らしていますが、タヌキほ ...

日本では、西暦の1月1日に新年を祝うことに誰もが疑いませんが、西暦の1月1日が年の始まりであるということが暦で決まっているといっても、それに天文学的な意味はほとんどありません。天文学や何らかの合理性を求めるならば、むしろ新年は、  ① 冬至を起点に一年が始ま ...

月齢 20.1日本画で満月以外の月のかたちというと、なぜか下弦の月から少し膨らんだこの形がよく使われます。日本画特有のモチーフで、いわゆるボヨヨンの月です。かつて春の季節以外のおぼろ月(霞んだ月)のことをボヨヨンの月と呼ばせていただくことを紹介しましたが、も ...

九日月  上弦の月  月齢8.1八日月   月齢7.1五日月   月齢4.1四日月   月齢3.1三日月   月齢2.1  ...

 年たけて又こゆべしと思ひきや     命なりけり佐夜の中山               西行法師  「命なりけり」 ➡︎ 宿命的なものであるよ      または  命のあるおかげだよ老のなみこえける身こそあはれなれ      今年も今は末のまつ山    ...

かなりの寒波が襲来しており、ここ月夜野も昨夜少し雪が積もりました。今朝は、みなかみ町の大雪の様子が報道されていましたが、大雪になっているのは、同じみなかみ町でも上牧から北部方面です。藤原では積雪70cmの記録が報じられています。ところが、南の方を見れば、朝 ...

ホモ・サピエンスの歴史などよりずっと遥か彼方の昔から、「まぎれもない古代の直系であるところの草木」        (石牟礼道子)の表情。飽きることがありません。 ...

月夜野百景の歳事記が12月、1月、2月を冬としている都合、12月が2017年の暦になっており、慌てて内容を更新しました。そこであらためて「月夜野歳事記」を見ると、「冬の恵みは土の中から」として、ダイコン、ジャガイモ、里芋、ハクサイ、長ネギ、ほうれん草などとともに、 ...

↑このページのトップヘ